姉妹ブログ「まーくまブログ」もよろしく!
まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
制度/法律解説

公務員「福祉関係の課への異動」の意味

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

そろそろ桜の開花が近くなった3月の、この時期と言えば公務員の「定期異動」

公務員は「ジェネラリスト」と言われる職種。

「行政機関で働きたい」「公務員になりたい」と目指すのが行政一般職

つまり「事務職」のことを言います。

この記事では「市民の奉仕者」と言われる身近な存在である公務員の方が

福祉関係の課に異動がが決まった時の正直な気持ちについて書かれています。

この記事を読み終える事で「福祉関係の課に配属された職員さん」達に対し

少しでも敬意と感謝の気持ちを持って頂ければ嬉しいです。

あわせて読みたい
公共サービスを担う公務員と非正規公務員まーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 ちまたでは「働き方改革」というけれど、企業でも、行政分野でも「非正...

公務員が避けて通れない「定期異動」

そろそろ桜の開花が近くなった3月の、この時期と言えば公務員の「定期異動」。

公務員は「ジェネラリスト」と言われる職種。「行政機関で働きたい」

「公務員になりたい」と目指すのが行政一般職、つまり「事務職」のことを言います。

しかし、一般職といえども、税務課に配属されれば税金のお仕事を。

土木課に配属されれば建築や不動産関係との付き合い

生活保護課に配属されれば、生活保護ワーカーとして市民に向き合い

福祉課に配属されれば、時によりゴミ屋敷や虐待などにもニコヤカに、そして爽やかに

対応しないといけない。

まーライオン
まーライオン
いやいや、全ての公務員さんが爽やかにゴミ屋敷の対応はしないと思うが?

「公務員=市民の奉仕者なんだから、市民の困り事を聞いて対応するのが仕事だろ!」

と言われかねませんが、一般職=何でも屋状態の公務員。

配属先を見て「こんなはずじゃなかった…」と頭を抱える人、

異動になって解放される人。福祉関係の課の異動、配属はその後の長い公務員人生に

とって「忘れる事ができない思い出深い体験」になると言われています。

福祉関係の課に異動が決まった公務員の反応とは?

まーライオン
まーライオン
でもさ~、社会福祉士とか精神保健福祉士とかの専門職採用だったら、福祉課から出ていくことができないんじゃないのか?
マチパー
マチパー
確かにそうです。でも、専門職と言えども子ども関係、高齢者関係、地域包括ケア、保健センターなど関係する場所を行き来する事を前提とした採用もありますし、虐待問題などの対応で、決まった課にそのまま居座る場合もありますね。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
でも、一般事務職の方々はどこに「配属されるか分からない」のですよね?
マチパー
マチパー
年1回の「異動希望」や「人事考課」で伺いはあるものの、最終的にどこに配属されるかはまさに「ロシアンルーレット」とも言えますね~
ライオンちゃん
ライオンちゃん
実際に福祉関係の課に配属されることを希望する公務員さんはいるのでしょうか?
マチパー
マチパー
採用面接で「市民の奉仕者として何でもやりますっ!」という方が、もれなく保護ワーカーになるケースもありますし。
「特に希望はないですが、市民の皆様に近い場所が良いです」と、もれなく福祉関係の課に配属されるケースもありますね。
まーライオン
まーライオン
実際に福祉関係の課に配属されると分かった時の公務員の反応ってどうなんだ?

希望に満ち溢れて3月の人事異動を待つ…ということは実際にはあまりないようで

とある公務員
とある公務員
異動の時期が来たから、そろそろ異動かな
マチパー
マチパー
という程度にしか皆さん思ってないようですね。

そんな異動で、いざ福祉関係の課に異動が決まった時の感想はみなさん大体

とある公務員
とある公務員
げ!なんで福祉なんかに俺(私)が行くんだよ~!!
マチパー
マチパー
というのが、よく聞く話です。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
じゃあ反対に、長年福祉関係の課にいた人が全く別の課に異動になった場合はどうなんでしょうか?
とある公務員
とある公務員
よっしゃ~!異動だあ!!
マチパー
マチパー
と満面の笑みやガッツポーズなど、思わず顔がにやけるみたいですね…
あわせて読みたい
これからの「福祉と人材」を育てるバランス感覚まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「福祉の世界で働きたい」そう思ったきっかけって、何でしたか? ...

公務員が福祉関係の課に配属されたくない「正直な理由」

ライオンちゃん
ライオンちゃん
そもそも、なぜ福祉関係の課に異動すると「非常に残念な反応」なんでしょう?
マチパー
マチパー
考えられる理由はこんな感じですね↓

公務員が福祉関係の仕事を「正直やりたくない」理由

➀窓口対応に忙殺される

➁何かと苦情や相談が多い(ついでに市民や福祉関係者など濃い人の対応が多い)

➂際限ない残業が多い

➃虐待など緊急対応で仕事の予定が狂わされる

➄イベント毎の休日出勤や、平日片付かない事務作業に追われる

➅1階にあることが多いので夏は暑く冬は寒い場所でキツイ

➆調査などの家庭訪問でこの世のものと思えない自宅にも足を踏み入れないといけない

etc.

マチパー
マチパー
などでしょうか?
まーライオン
まーライオン
いや、充分くらいお腹いっぱいな理由だわ。
マチパー
マチパー
そんな嬉しい福祉関係の課への異動ですが、公務員の皆さんも年齢を重ねるとまた違った解釈をするようで…
とある公務員
とある公務員
いやあ、若い時は福祉関係の課の異動=当たり~って思ってたけど、家族に介護や障害など出てくるようになると、本当に必要な課なんだと思うようになったわ。
マチパー
マチパー
じゃあ、次の希望では福祉関係の課を希望するのですか?
とある公務員
とある公務員
いや…それだけはやっぱり勘弁したいね!

福祉=生きていくためになくてはならないもの、いずれお世話になるものなんですが

どうしても「ハードワーク」なイメージが(実際)あるので、巷では敬遠されがちなんですね…

この3月の異動で泣いた人、笑った人、落ち込んだ人、色々だと思います。

新年度の福祉関係者の顔ぶれは?と淡い期待をしつつ

でも決して忘れられない思い出をたくさん与えてくれる、素敵な課への

異動が、いつか

マチパー
マチパー
「やった~!」と公務員の皆さんから言われるような日が来ないかな?と密かに思ってますっ!
まーライオン
まーライオン
いやないだろ~
あわせて読みたい
対人援助職の良い所と大変な所まーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 あなたもまさしく、今「対人援助職」に疲れている一人ではあり...

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」