姉妹ブログ「まーくまブログ」もよろしく!
まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
公認心理師

第3回公認心理師試験 自己分析する

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

第3回公認心理師試験は、令和2年12月20日(日)全国の試験会場で実施され

令和3年2月12日(金)合格発表がありました。

受験者数13,629人、合格者数7,282人、合格率53.4% 

合格者の内訳は、男性2,022人、女性5,260人 

30歳未満1,436人(19.7%)、31~40歳1,778人(24.4%)、41~50歳2,051人(28.2%)

51~60歳1,453人(20.0%)、61歳以上564人(7.7%)

Ⅽルート9人(0.1%)、Ⅾ1ルート798人(11.0%)Ⅾ2ルート516人(7.1%)

Eルート758人(10.4%)そして現任者であるGルート5,201人(71.4%)

でした。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
マチパーさんはどこに当てはまるのですか?
マチパー
マチパー
ボリュームゾーンの「女性」「41~50歳」「Gルート」になりまーす!

この記事では、アラフィフ相談支援専門員である私、マチパーが

第1回公認心理師試験不合格、第2回を回避、第3回でリベンジ達成した時の

試験対策について書かれています。

多忙&体力と記憶力の低下と戦いながら、いかにギリギリで合格を果たしたのか!

第4回公認心理師試験を目指す、時間&体力と記憶力が低下している

受験生に読んで頂きたいと思います。

マチパー
マチパー
※あくまでも一個人の方法ですので、余裕を持って合格したい人は参考にしない方が良いかも…です。
まーライオン
まーライオン
責任取れないからな!
あわせて読みたい
コロナショック!第3回公認心理師試験が延期にまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、色々な所で出てきていますね… ...

第3回公認心理師試験自己分析➀モチベーションとの闘い

当初は6月に行われる予定だった第3回公認心理師試験は

新型コロナウイルス感染拡大により延期になりました。

モチベーションとの闘い…6月の試験に向け

6月の試験に向け、万全な対策をしようと思い、年明けから本格的に試験対策を

始めました。

第2回の合格発表が終わってから、今度は自分の番!とばかりに

心理の本をパラパラ見たり、YouTubeの対策講座を聞いていました。

しかし、1月の健康診断で子宮筋腫の急成長が発見され、2,3月に再検査の嵐で

新型コロナウイルス感染拡大の真っただ中、4月に手術が決まるという怒涛ぶり。

マチパー
マチパー
2度と経験したくない!
ライオンちゃん
ライオンちゃん
せっかく年明けから半年計画で合格を目指していたのに…
マチパー
マチパー
手術&試験延期に、ココロの平穏を保つことが難しかったです。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
心理の神様が、マチパーさんを試していたのかもしれませんね…

7月22日に、12月20日に試験開催が決まりましたが…

あわせて読みたい
第3回公認心理師試験日程発表!Twitterの反応まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 令和2年7月22日(水)一般社団法人日本心理研修センター より...

ライオンちゃん
ライオンちゃん
年末ですか…!
まーライオン
まーライオン
クソ忙しい時だし、コロナでどーなるか分からんし、諦めろよ~!

試験再開が決まっても、なかなか試験勉強をする気がせず。

結局再開したのは9月に入ってからでした。

モチベーションとの闘い…12月の試験に向け

9月に試験勉強を再開。例年なら、秋の週末は職場のイベント盛りだくさんで

週末の勉強時間の確保ができない所を、今年はコロナのおかげ?でバッチリ週末。

9、10月の2か月は久しぶりに勉強三昧でした。

マチパー
マチパー
トイレやお風呂場などに張り紙したり

マチパー
マチパー
半年ぶりの過去問に撃沈したり
まーライオン
まーライオン
ダメなヤツじゃん!

あわせて読みたい
第3回公認心理師試験リベンジ 残り2か月まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 令和2年7月22日(水)一般社団法人日本心理研修センター より...

しかし、11月に入るとなにやら怪しい雲行きが…

職場で色々、本当に色々ありメンタルを保つのが本当に大変で!

仕事に専念するために、試験勉強は泣く泣く断念することに。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
本当にこの間、全く勉強できなかったんですか?
マチパー
マチパー
机に向かう気力も精神力も、時間も全くなくてですね…YouTubeをひたすら聞く、これに徹しました。

そして試験を受ける直前、新型コロナウイルス第3波が…

試験を受けるには飛行機で仙台に飛ぶしかない…

マチパー
マチパー
迷いに迷いましたが、コロナ対策で時間差移動を強行しました。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
…この環境でよくモチベーション保てましたよね。
マチパー
マチパー
今回の試験で一番学んだのは「平常心」と「あきらめない力」そして「本番に強い」ということですね。

第3回公認心理師試験自己分析➁時間のない時だからこそ「試験勉強を生活の一部に」

勉強というものは、机に向かって行うものと思っていました。

レポートを書いたり、パソコンを打ったり、過去問を解いたりと

マチパー
マチパー
電車の中でレポートを書いたこともありましたが、大体が机に向かってやりますよね?

しかし、試験直前の1カ月は全く時間が取れず…でも勉強しなければ!と

気持ちだけが焦る焦る!

そんな時役に立ったのが「YouTube」。第1回試験の敗因を分析した時に

まずは心理用語を身近なものにしよう!とココロに決めて、通勤のBGMに

YouTubeを聞くことにしました。

聞いたのは「宮川RADIO」と「プロロゴス」山崎先生ですね。それに「松崎朝陽先生の精神医学」

の3本を中心に、たまに「Web玉のタマえもん」と「放送大学」を聞いていました。

そのうちに、通勤時間だけでなく、お風呂に入っている時も、朝の準備の時も

そして家事をしている時も、ブルートゥーススピーカーを身に着けひたすら

YouTubeを聞く毎日に変わりました。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
まさに時間との闘いエンドレス…
マチパー
マチパー
お陰で心理学の用語と、意味が分かるようになってきました!

そして、過去問を最後の1カ月、全く解けなかったことで応用する力が身についた

のかもしれません。

あわせて読みたい
第3回公認心理師試験リベンジ 直前なのに…まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 令和2年7月22日(水)一般社団法人日本心理研修センター より...

第3回公認心理師試験自己分析➂試験結果を分析すると

プロロゴスの山崎先生がYouTubeで話していました。

試験を解いていく中で「絶望する時間」が来るけれど「絶望する時間」

が来てからが勝負なんだと。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
で、絶望する時間がきたのですか?
マチパー
マチパー
はい、もーバッチリ!

全く「見たことも聞いたこともない問題」が出た時に、人というものは

パニックに陥ります。でも、山崎先生は「それはみんな同じ。だからこそ

焦ってはいけない」ということを、YouTube直前講座でお話されていました。

マチパー
マチパー
それを事前に聞いていたからこそ、本番にぶちあった時に落ち着いていられたのだと思います。

そして第3回公認心理師問題の自己分析を。

午後が難しかった分、1点問題が午前より低めでした。

事例は落とした問題があったものの、前回試験でことごとくやらかして

アウトだったので、最後は事例専門の問題集を買い読み込みました。

分かれ道になったのは「心理師ならばどんな視点でクライアントに関わる?」

マチパー
マチパー
普段の福祉職の視点を、この時だけはまるっと脳みそを入れ替えた。それが割と点数に繋がったように思います。

午前…115点中前半問題31点、事例問題42点、合計73点

午後…115点中前半27点、事例42点、合計69点

総合計230点のうち、合格点138点中、私は142点!

まーライオン
まーライオン
ギリギリヤローだな!

ちなみに…純粋な心理系の言葉やカタカナ言葉は見事な玉砕ぶり!

おまけに「2個選ぶ」問題の正答率は3割と超低い…

マチパー
マチパー
これを元に、もっと知らないといけないこと、学びを深めないといけないことを痛感しました。

試験が終わった今も、YouTubeは生活の一部にあります。

さすがに公認心理師試験対策のYouTubeを聞く機会は減りましたが

最近は第3回試験の分析と第4回試験に向けた対策などを中心に聞いています。

もう少し時間に余裕ができたら(いつ?)、心理学の本を読みこんだり

ZOOM研修でも受けようかな…と思っています。

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」