まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
健康を守る

アラフィフ同世代の訃報続きで思う事

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

コロナ禍で生活様式が大きく変わりました。リモートワークやオンライン会議など

便利になった反面、直接人と会ったりしゃべったり、飲み会や旅行に行くなどの

機会がめっきりと減り、人と人との繋がりが希薄になってきたと感じる今日この頃。

そんな時期だからのか、そんなことは関係ないのか?最近芸能人の訃報を相次いで

聞くようになりました。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
芸能界もYouTubeの波が押し寄せていて、TV離れも進んでますからね。
まーライオン
まーライオン
俺らの周りも「TVは見ない」「ネットやYouTubeの情報や娯楽で十分」と話しているぞ!
ライオンちゃん
ライオンちゃん
マチパーさん家はTVないんでしたっけね?
マチパー
マチパー
一応「元・TV」はありますが今はTVではなくYouTube視聴モニターになってますね。

人に会わない方が気楽と、コロナ禍もあって週末はずっと引きこもっているという

人も普通に聞きます。

そんな中、仕事でもプライベートでも相次いで私と同世代である40代、50代の訃報を

立て続けに耳にするようになりました。

マチパー
マチパー
人生本当に、いつ、突然何が起こるか分かりません。まさに「一寸先は闇」であり…色々な意味で「青天の霹靂」を感じる今日この頃です。
あわせて読みたい
ベテラン福祉専門職の働き方改革まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 職種は違えど、福祉専門職として働いてもうすぐ30年という「ベテラン」...

アラフィフ世代の訃報が相次いでいる現実

GWも明け、周りはすっかり仕事モード。私もその波にのまれています。

そんな中、ちまたでは芸能人の相次ぐ訃報を耳にする機会が多くなりました。

人だけでなく、生きている者はいつか寿命を迎える。それがどんな形でも

天寿を全うしたいと思うものですが、コロナ禍の中で心身の不調の波により

残念ながら自ら命を絶つ人も増えているのも事実です。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
国を挙げての自殺対策が功を奏していたのに、コロナ禍になってからまたじわじわと増えていると聞きますしね…

残念ながら自ら命を絶ってしまう人もいる反面、40代後半から50代前半にかけ

最近私の周りで「突然の訃報」を耳にして驚く…という機会が増えてきました。

40代50代の突然の訃報は「働きすぎと年代からくる疲労と」

私の近くに住む人が、ある日突然亡くなりました。

つい先日まで近所を歩き、精力的に地域の活動にも尽力していたはずが

「そういえば最近見てないような…?」となんとなく感じていた矢先での訃報。

年代が近ければ近いほど

マチパー
マチパー
明日は我が身…!!と実感してしまいます。

当然ですが「将来は○○したい」「この街を、地域を○○したい」という希望は

すぐ叶うものではありませんが、それでも、今地道に取り組んでいることが

5年後10年後大きく花開く…なんてことはよくあることです。

でも、今働き盛りだからと言っても「突然の人生の終わり」は明日来るかも

しれません。それは年代問わず変わらないかもしれませんが、特に身近な同世代

の方の訃報を聞くと、何とも言えない非情さを感じてしまいます。

40代50代の突然の訃報は「リバウンドを繰り返していることと生活習慣病と」

相談支援専門員の仕事をしている中で「ある日突然の訃報」を耳にする事があります。

耳にするだけでなく、時には「自分が第一発見者」になりえることもあります。

この1カ月だけで、2人の40代、50代の方の訃報を耳にしました。

2人とも生活習慣病による突然死だったのですが、障害のある方々が自宅で、外出する

こともほとんどなく、偏食と昼夜問わず好きなモノばかり食べてたり飲んだりしていると

「ある日突然」ということは、それほど珍しいことではありません。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
どうして食生活など改善できないのですか?
マチパー
マチパー
障害を抱えている人達の中には「栄養バランス」を考える余裕もお金もなく「お腹を満たせば何でも良い」「ストレスを食で満たす」傾向が多いことや、野菜を食べない習慣の人が多いです。
マチパー
マチパー
また不衛生な環境下で歯周病になり、40代でも歯が全くない人もまあまあの割合でいるのも事実ですね。
マチパー
マチパー
病院で入退院を繰り返し、一旦は-20キロ30キロになって自宅に戻ってもまたすぐリバウンドをしてしまう…なんてことを繰り返しているうちに、心臓に負担がかかってしまい、結果的に「ある日突然」の訃報になる、という感じですね。
まーライオン
まーライオン
生活習慣病を指摘されても改善するって難しいと思うぞ!俺も肉食を辞めることは難しいからな!
あわせて読みたい
セカンドキャリアとは?定年とはいつまでのことを言うのまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「子育てが一段落したら」「定年になる前に考えないと」「早期リ...

40代50代の突然の訃報を聞くからこそ「今を生きる」大切さを実感する

年代関係なく、ある日突然自分がこの世からいなくなってしまう事が、病気にせよ

事故にせよ、災害にせよ起こるかもしれません。

「あの時こうすれば良かった」「あの人に会っておくべきだった」「もっともっと」

と追及するとキリがありませんが、同世代の人たちの相次いだ訃報を聞くたびに

思うことは

マチパー
マチパー
「将来やりたいこと」を考えるのではなく「今やりたいことを即実行する」

ことや

マチパー
マチパー
会いたい人、話したい人にできるだけ早く会い、話す機会を作ること

であり、そのためには

マチパー
マチパー
時間を作ってでもやりたいこと、したいことを実行する

事なんだと思います。

アラフィフ世代の突然の訃報を耳にする度に、後悔を遺すような人生は嫌だな…と

感じる今日この頃です。

あわせて読みたい
ゴミ屋敷から見える家族背景や心理についてまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 みなさんの周りにも「なんとなく臭う家がある」なんてこと、ありませんか...

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」