まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
複業思考

ベテラン福祉専門職の働き方改革

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

職種は違えど、福祉専門職として働いてもうすぐ30年という「ベテラン」の

域に入りました。

短大卒業後に公務員(保育士)として10数年働いた後、通信制大学に在籍しながら

高齢者デイサービスの生活相談員(介護福祉士)として働き、単位と受験資格を得て

精神保健福祉士の実習を通じ今の職場に在籍し、相談支援専門員(精神保健福祉士)

として働いた。

そして社会福祉士、社会福祉学修士、公認心理師、個人事業主、成年後見人…と

まーライオン
まーライオン
ある意味、やりつくした感があるんじゃね?
マチパー
マチパー
本当、そうなんです…

そんなベテランと言われる域に達してきた、私、マチパーが目指す

アラフィフ福祉専門職の働き方改革について、記事にしてみました。

50代という、100年時代ではまだまだ折り返し地点ではあるけれど、

更年期や不定愁訴ど真ん中世代である今だからこそ「自分のこれからの働き方」

について考えていきたい。

そして「細く、長く、自分らしく、心身共に健康に働き続けるための方法」

とは何か?を模索している同世代の福祉専門職や、更年期世代の女性に向け

マチパー
マチパー
何らかのヒントになれば嬉しいです。
あわせて読みたい
福祉職と心理職と個人事業主と 目指す道とはまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 私は精神保健福祉士として、相談支援専門員をしながら個人事業主として ...

アラフィフだからこそ考えたい「これからの働き方」

マチパー
マチパー
人生早いもので…
まーライオン
まーライオン
なに急に人生観語り始めたんだ?
マチパー
マチパー
福祉専門職として働いてもうすぐ30年という「ベテラン」の域に入った所で、今まで以上に「これからの生き方」と「仕事との両立」を考えるようになりました。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
まー、マチパーさん。こんな感じの福祉専門職としての生き方をしてきましたもんね👇

高齢者デイサービスの生活相談員(介護福祉士)として働き、単位と受験資格を得て

精神保健福祉士の実習を通じ今の職場に在籍し、相談支援専門員(精神保健福祉士)

として働いた。

そして社会福祉士、社会福祉学修士、公認心理師、個人事業主、成年後見人…と

三福祉士(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士)+保育士に公認心理師

マチパー
マチパー
トドメは社会福祉学修士となっております。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
一体マチパーさんはどこへ?何を目指しているのですか?

福祉の領域は「児童」「高齢」「障害者」を全て渡り歩いたわけで

行政としても、民間の社会福祉法人にも携わったわけで。

最近は個人事業主としても、成年後見人としても…あとブログやSNSですね。

本当に「やってみたい!」ということを「やりつくした」感があるこの頃。

でも、だからこそ「これからの生き方」と「これからの働き方」を考えるように

なりました。

マチパー
マチパー
まあ「更年期」という微妙な年頃ということもあり、これからは無理せずに働きたい…という気持ちが一番大きいですね。

本業と個人事業主としての「狭間」が「働き方改革」を考えるきっかけに

本業という仕事も切り離せない。個人事業主としても仕事も、マイペースだけど

確実に軌道に乗ってきた。

マチパー
マチパー
でも、ただでさえ慢性時間外勤務が発生する対人援助職、福祉専門職をずっと「フルタイム」で続けても良いものだろうか?と。

今の時代、混沌としている中なので「本業」だけでない収入の柱は確実に必要。

そして、所属に縛られない「一個人」としての働き方も、長い職業人生を考えると

確実に必要になってくる…。

マチパー
マチパー
でも、でも…。本業と副業(個人事業主)とでは、結局の所どちらも「私は私」でありつつ、どちらも中途半端になってしまうのでは?と考えるようになってきました。

ブログやTwitter、InstagramなどのSNSを通じて、福祉や心理の専門家の人達との

交流が生まれ、本業だけでは得られなかった「宝物」を得る事ができました。

それらが個人事業主の仕事に繋がったり、仕事や考え方の幅が広がったりしたのも

事実です。

でも「仕事を思い切って辞めました!」「開業しました!」と今まで築いてきた

キャリアに見切りをつけ、新たな「自分自身のキャリア」を築き始めている…。

そんな姿をいくつも目の当たりにし

マチパー
マチパー
結局私って、本業も個人事業主も「中途半端」なのでは?

と考えるようになりました。

福祉業界の現在は?必要な働き方改革

とはいえ、本業の仕事も特殊な性質上「後任」が確保できないのも事実。

福祉専門職の成りてがいないし、人員換算上ギリギリで運営しているのは

どこの法人、事業所も同じことが言えます。

福祉人材は高年齢化が進むと共に、安定して働くシステムになっていないため、

マチパー
マチパー
究極の話、70代であればまだまだ貴重な働き手であり、80代でも人によっては重宝される存在となってます。

いつまでも、長く働き続けられるというメリットがある反面、人によっては

残念ながらメンタルヘルスに支障をきたしたり、ライフステージの変化により

早期に去ってしまうというデメリットもある…。

虐待問題や報酬単価の限界などにより、事業所に対し色々な縛りは増える一方で

マチパー
マチパー
真面目にやればやるほど報酬単価は減り、人件費はどんどんかさむというまさに負のスパイラル。

働き続けられる環境を手に入れるためには、どうしたら良いのか?

事業所の運営という側面からも、ある意味の「働き方改革」の必要に迫られている

福祉業界はまさに「過渡期」と言えるのです。

あわせて読みたい
セカンドキャリアとは?定年とはいつまでのことを言うのまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「子育てが一段落したら」「定年になる前に考えないと」「早期リ...

ベテラン福祉専門職の働き方改革

これからも何らかの形で長く、健康に働き続けるためにも、色々な意味で「改革」が

必要です。

自分の身を守るためにも、事業所というなくなってはいけない存在を守るためにも。

アラフィフ世代の「働き方」は、ただがむしゃらに働くだけではいけないと

考えています。

時間もお金も必要な世代だからこそ、どちらも優先したい所でしょうが

「長く」「自分らしく」「安心して」働き続けるためにも、働き方改革は必要です。

マチパー
マチパー
この1年で、今後の自分のライフスタイルを大きく変えていきたいと考えています。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
それはどんな形なのですか?
マチパー
マチパー
今はまだ、ナイショです!
あわせて読みたい
独立型精神保健福祉士として活動する意義はまーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 福祉分野はよく「不況に強い」と言われている職業ですが、 新型コ...

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」