姉妹ブログ「まーくまブログ」もよろしく!
まーライオンのいい、かげんブログ
相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしています。 元保育士の視点から、福祉・保育・国家試験対策・社会人大学院生・日々の暮らしなどお話していきます。
制度/法律解説

障害福祉分野の「昔は良かった」がもたらすもの

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

マチパー
マチパー
最近「年を感じたなー」と思うことありませんか?

例えば、若い職員さんに向かって「昔は○○だったんだよ」

「自分が若かりし時は○○」だった、など

そういう言葉を口にしようものなら「ハイハイ、わかりました!」

とスルーされてしまう…

ライオンちゃん
ライオンちゃん
「あるある!」と思ったあなたは、人生経験豊富で古き良き時代を熟知している人ですね。

この記事では、一昔前の障害福祉分野で「ごく当たり前に」運営されてきた

現状について書かれています。

この記事を読み終えることで、障害福祉に関わる人にっても

医療・福祉分野に関わる人にとっても

今後の施設のありかたについて、考えるきっかけになればうれしいです。

マチパー
マチパー
一昔前の話でしょ!という話では、実はないのです。
あわせて読みたい
福祉は収益を考えてはいけないの?まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「おじいちゃん、おばあちゃんの介護?」「保育園の保育士さん」...

「一昔前の時代」のスパンが短くなっている現代

特に障害福祉分野は、3年ごとに細かい改正でいると

毎年のように制度や報酬単価が変わって変化について行けない現状があります。

マチパー
マチパー
でも「昔ながらの経営」をずっと続けていたら…間違いなく時代に取り残され、利用者さん達が行き場を失います。

もちろん、古き良き時代のことを全部否定するつもりはありません。

その時代、その時代に合わせて

「昔の良いものは取り入れつつ、新しいモノにもチャレンジする」

時代は常に変化するものです。新型コロナウイルスのように、

今までの常識が全く通用しなくなった!なんてこともありえます。

障害福祉分野で働いて10数年…時代の変化に戸惑いつつも

最近、こんなことをよく考えます。

「古き良き時代を残しつつ新しいものをどう取り入れていくか」

「それが次世代にどう繋がるのか」

我々が地球に住んでいる以上永遠のテーマですが、やはりここに尽きるのではないかと。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
何かスピリチュアル臭な気配を感じますが?
マチパー
マチパー
いやいや、決してそんなことはなく!

昔は良かった…なんてこと、よく聞きます。

職業人生を重ね、ある程度経験値が増えたこと。

また私自身、人生も折り返し地点にきたからこそ

その言葉を口にする機会が少しづつ増えてきました。

まーライオン
まーライオン
マチパーよぉ、バーさん化しとるんかいのう?
マチパー
マチパー
まーライオンの口調こそ、ジーさんっぽくなってますよ!

障害福祉分野で「経験の深み」と「柔軟な発想力」のバランスを身に着けたい

もちろん、若さを取り戻したくても、取り戻すことはできません。

その分、人生の年輪を重ねた重みと経験。

ここに価値があると思います。

そして経験値だけでなく、いくつになっても新しいものに興味を持つこと、

やってみようとする気持ちが大事なのではないのでしょうか。

私、脳内メーカー27歳!

まーライオン
まーライオン
お寒い自慢大会なことで…。

新しいことにチャレンジする。

もちろんリスクもありますが、考えるだけでワクワクします。

マチパー
マチパー
常に新しいことを取り入れる気持ち、これが脳内メーカーに現れているのかも!?
あわせて読みたい
エッセンシャル思考を習慣化して仕事をシンプルにするまーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 「最近時間に追われているな…」「色々やることが多すぎて頭の中が混乱...

障害福祉分野の「古き良き時代」と「変わらないと取り残される」現実

私が働いている「障害者福祉」の世界では、特に精神障害の人達は

環境を変えなくない思いが強く、変化に弱い特性があります。

もちろん、昔ながらのもの、古き良き時代の中には

良いものもたくさん残されています。

でも「いつまでも同じ」では、地域で暮らしていくのに

自分たちが歳を重ねていくのに、そんなことでは取り残されてしまう。

最悪、精神症状の再燃で入院→ジ・エンドにも繋がるかも。

それはそのまま、我々精神の施設でも同じことがいえるのではないかと思います。

例えば、知的障害者の通所施設の一つに、こんな所があります。

保護者会費月3000円、給食代10000円以上。

工賃は数千円。保護者会は毎月、遠足、草取り、保護者会の奉仕活動。

若い保護者は、はネットやママ友の繋がりがあるので

そういう古き良き時代の風習についていけない。

その結果、新規の利用者ががなかなか入らず

サービスの良い施設に流れ大赤字が何年も続き、施設運営が危機に迫られている。

なーんてことに繋がりかねません。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
いや、リアルな話でしょ…!

私の職場では、古き良きものも残しつつ、次の繋がり(高齢)とも

並行しながら、移行を進め若い人獲得に繋げる、ことを目標にと思っています。

マチパー
マチパー
しかし現実は、職員間の温度差が激しいのが悩みです…

障害福祉に限らず、介護・福祉分野は人材流失が止まらない中

といっても、今はひたすら我慢の時期。

若い人たちに「自分で考え、行動する」

「困難なことにも自分から取り組んでいく」など

自分たちの施設が「来て良かった」「ここで働けて良かった」と

思えるような場所にしていくために…

マチパー
マチパー
職員さん達が考えることを取り入れてもらう。ここに尽きますね。

また、介護、福祉分野は人の入れ替わりが激しく、

障害福祉分野も同じような状況です。

どうしても即戦力に頼ってしまいがちになり新卒を丁寧に育成する土壌もままなりません。

人相手の仕事なので、どうしても感情に流されてしまう…こともあるでしょう。

マチパー
マチパー
それでも、私達は福祉分野の専門家として「クールな頭と温かい心」を持ってこれからも利用者さんや家族に関わる…その基本はいつまでも忘れてはいけないことなのです。
あわせて読みたい
これからの「福祉と人材」を育てるバランス感覚まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「福祉の世界で働きたい」そう思ったきっかけって、何でしたか? ...

(お問い合わせフォーム)






ABOUT ME
マチパー
マチパー
名前:マチパー 動物占い:「統率力のあるライオン」 生態:「いい、かげん」がモットー 職業:相談支援専門員/プチ起業家 夢:2か所拠点、どこにいても仕事ができる環境を作る