まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
社会問題

2対7対1が示す、人間関係の法則とは

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

働く上でも、日々生活する上でも「人間関係」はつきものです。

まーライオン
まーライオン
そんなの最近流行のテレワークやZOOM、オンライン出勤があれば人間関係なんて関係ないんじゃないのか?

確かに、コロナ禍で仕事もオンライン化が進み、入所施設でも

iPadやパソコンでの面談、会議や研修もオンライン化するなど

コロナ前に比べ私達の生活スタイルは随分と変化しました。

しかし、いくらオンライン化が進んだとはいえ、対人援助職と言われる

福祉や医療従事者にとっては、対人関係なくして仕事は進みません。

もちろん、いくらオンライン化が進んだとはいえ、メールやZOOM、スカイプや

LINEやチャットワーク等での報告、連絡、相談といったいわゆる「報連相」

は健在です。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
つまり、どんなにオンライン化が進んだとしても、人間関係はつきものなんですね…

この記事では「人間関係が苦手」「煩わしい」「職場の人とどんなふうに

コミュニケーションをとって良いか分からない」と日々悩む人達にとって

人間関係が円滑に進む「2対7対1の法則」について書かれています。

この2対7対1の法則を頭の片隅に留めておくことで、職場や家族、近所や

ママ友との人間関係の悩みのヒントになれば嬉しく思います。

あわせて読みたい
対人援助職の良い所と大変な所まーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 あなたもまさしく、今「対人援助職」に疲れている一人ではあり...

オンライン化で問われる報連相の意味

働く上でも、日々生活する上でも「人間関係」はつきものです。

まーライオン
まーライオン
そんなの最近流行のテレワークやZOOM、オンライン出勤があれば人間関係なんて関係ないんじゃないのか?

確かに、コロナ禍で仕事もオンライン化が進み、入所施設でも

iPadやパソコンでの面談、会議や研修もオンライン化するなど

コロナ前に比べ私達の生活スタイルは随分と変化しました。

しかし、いくらオンライン化が進んだとはいえ、対人援助職と言われる

福祉や医療従事者にとっては、対人関係なくして仕事は進みません。

マチパー
マチパー
とある、テレワークが進んでいる障害者の某就労移行支援の話ですが「社内メール便があるから別に報告するする義務ないよね。社内メール便を見ない上司が悪いんだよ~」と言ったツワモノを目にしました!
まーライオン
まーライオン
全部の職員が目に通すものだから、一職員より当然、業務多忙な上司が社内メール便を見て把握するのは当然だと。
マチパー
マチパー
迷惑メールや国や県の指針、その他様々なメールが1日に何十件も届く中、細かく上司が見るとでも?
まーライオン
まーライオン
つまり、業務連絡でなんとなく流したメールを見なかった上司が悪いって解釈か~
マチパー
マチパー
そうです。直接上司宛に送っても来なかった重要案件を、社内メール便で流しただけなのにも関わらず!ですよ。
ライオンちゃん
ライオンちゃん
まさに報連相とは何ぞや?の世界ですね…
マチパー
マチパー
そういうことに限って、外部からクレームが来た時に初めて分かるってこと、本当に多いです。まあ、しっかり教育できてない組織や上司も悪いんですけどね、うちも含めて。

もちろん、いくらオンライン化が進んだとはいえ、メールやZOOM、スカイプや

LINEやチャットワーク等での報告、連絡、相談といったいわゆる「報連相」

は健在です。

自分は「言ったつもり」「メールでかいたつもり」「だからもーいーや」

ではありません。

相手に「事実」が「どう」伝わって「何を」対策したのか。そして

クレームであれば再発防止に繋げるためにはどうしたら良いかなど、

普段から人間関係が円滑に進んでいれば、あの人が~という不信やトラブルも

未然に防ぐことができます。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
つまり、どんなにオンライン化が進んだとしても、人間関係はつきものなんですね…

人間関係が円滑に進むと言われる「2対7対1の法則」とは

物事が上手く運ぶ、人間関係が上手くいく為には、2対7対1の法則を使うと

良いとされています。

まーライオン
まーライオン
なんだか難しそうな法則だな…
マチパー
マチパー
簡単に説明しますと

「10人の人がいた」とします。

何もしなくても良好な関係が築けるのが2人。

何をやっても難しいのが1人。

特にどっちでもない人が7人という。

マチパー
マチパー
つまり「10人いたら2人が仲良くでき、7人がどちらでもなく、1人とはどうしても生理的に合わない」ということです。

ということは「自分は人間関係を築くのが苦手」「コミュニケーション

能力が足りない」と思っていたとしても「自分はコミュニケーションを

取るのが得意」と思っていたとしても、10人中7人が「なんとも(好きでも嫌いでも)

思っていない」ということになります。

マチパー
マチパー
ただし注意点があります。

実はこの「7人」が曲者で、なんとも思っていない分、日々の人間関係の中で

「味方」になるか「敵になるか」変わってきます。

7人を「この人とならうまく仕事がやっていけそう!」と思ってもらうには

やはり、日ごろからの円滑なコミュニケーションが重要になってくるのです。

あわせて読みたい
これからの「福祉と人材」を育てるバランス感覚まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。 「福祉の世界で働きたい」そう思ったきっかけって、何でしたか? ...

誰とでも円滑に人間関係を築くための方法とは

保育士をしていた頃、職場でどうしても合わない保育士1人に

「どうにかして理解してもらおう、振り向いてもらおう」と努力していた頃

がありましたが、とても苦労したことを覚えています。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
結局その保育士さんとはどんな関係になったのですか?
マチパー
マチパー
はっきりと鼻で笑われましたね。相手は一回り年上の方でした。その経験から「分かり合えない人」に対してはそれなりに、距離感を持って、挨拶だけのお付き合いをするようになりましたね。
まーライオン
まーライオン
まあ色々な解釈、考えの人もいるからな~。

40代になった今、合わない人に無理に合わせようと思うこと自体「無駄な時間」

と思うようになりました。

合わないものは合わない、ただそれだけ。残りの7人に時間を使ったほうが

効果が高いし確実。なるほどなあと思いました。

人間関係が円滑に進まないと思う、悩めるそこのあなたへ。

無理に相手に合わせる必要はありません。ただ、仕事が円滑に進むためには

挨拶や時間を守ることと言った基本的な社会人のルールと共に

提出物や決められた課題の期限を守ること、報連相をきちんと行う事。

マチパー
マチパー
そんな最低限な事をまず守った上で、7人のどちらでもない人達を自分の味方につけて、円滑な社会生活、日常生活を送りましょうね!
あわせて読みたい
相談支援専門員は、専門に限らず幅広い人脈を作るべしこの記事では相談支援専門員の資格はあるけど、仕事に疑問や不安を抱えている人や、相談支援専門員に関わる人に向け書かれています。相談支援専門員は資質や力量を高めるため「色々な専門家」と繋がりが大切です。記事を読み終えることで、相談支援専門員やこれから目指す人の参考になればうれしいです。...

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」