まーライオンのいい、かげんブログ
マチパーです。相談支援専門員と後見人、個人事業主をしています。福祉問題、保育、社会人大学、国家試験対策、個人事業主などについて、ブログに書いています。
社会問題

今まで出会ったびっくり相談支援専門員

まーライオンこと、マチパー(11kagen_blog)です。

相談支援専門員(障害福祉分野のケアマネジャーのような人)の仕事は、

障害のある本人をはじめ家族、関係者、近所の人、インフラに必要な人など

本人に関わる人や機関と直接的に、時には間接的に関わる仕事です。

まーライオン
まーライオン
ほほーっ

生活の主体性は本人にあり、本人が将来どのように生きていきたいか

そのためには今、近い未来、どんな事をする必要があるのか?できることは

何なのか?できない部分は誰に援助してもらおうか?など一緒に考えていく

人でもあります。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
その人の人生のターニングポイントになるかもしれないのですね。
マチパー
マチパー
そうなんです。関わる相談支援専門員次第で人生が大きく変わることだってあるんです。

しかし、相談支援専門員は、選考試験があるわけでもなく、基礎となる国家資格

に加え、5年間の実務経験があれば、研修を受けて課題を作成するだけで誰でも

なれてしまう仕事です。

この記事では、相談支援専門員+個人事業主でもある私、マチパーが

今まで会ってきた中で驚いた!相談支援専門員について書かれています。

マチパー
マチパー
相談支援専門員が担当する人数が青天井という事自体、本当は問題ありありなんですけどね…

この記事を読み終える事で、相談支援専門員の姿勢とあり方について

反面教師にして頂ければ幸いです。

あわせて読みたい
ケアマネジャーと相談支援専門員まーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 福祉や介護の世界ではメジャーな「ケアマネ」。正式名称を「介護支援専...

相談支援専門員って、当事者に会わなくてもできる仕事なの?

相談支援専門員の仕事をしていると、たまに耳を疑うような事をする相談支援専門員の

話を聞きます。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
でもマチパーさん、相談支援専門員って当事者さんに会わないとできない仕事なんじゃ?
マチパー
マチパー
本当ならっていうか、相談員は本人と直接会って、話してナンボの仕事だと思ってますよ!
まーライオン
まーライオン
そんなこという位だから、まさか!?という奴がいるってことかい?
マチパー
マチパー
私が今まで会ったり見たりしたびっくりした相談支援専門員は…

◎担当になって3年、一度も本人に会った事がない。

◎クレームの嵐で入ってくれる人がいなくなったので、相談員が草刈りしてお金をもらう

◎相談員=直接支援するより偉い人と思い関係者や支援員に横柄な態度を取る

◎関係機関と連絡調整して本人の支援を一本化していくのに、苦手な機関や人には

連絡を一切せずますます関係悪化

まーライオン
まーライオン
ありえへんな…
ライオンちゃん
ライオンちゃん
そんな事で仕事になっているんでしょうか…?
マチパー
マチパー
これがなぜかまかり通ってしまうのが、相談支援専門員の恐ろし~い所だったりします。

相談支援専門員が働く場所と役割について

相談支援専門員が働く場所、種類は以下の通りになります。

◎基幹相談支援

◎委託相談支援

◎特定相談支援(障害児相談支援)

◎指定一般相談支援

あわせて読みたい
障害福祉分野の「相談支援」とはまーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 高齢福祉分野には、福祉サービスの調整や相談ができる「ケアマネジャー...
ライオンちゃん
ライオンちゃん
それぞれどんな役割があるのですか?
マチパー
マチパー
ます基幹相談支援は、市町村に1か所設置することが望ましいとされ、家族に複数人障害のある人がいたり、虐待や未受診など表沙汰になりにくい「困難事例」に積極的に関わったり、自立支援協議会を運営したり、他の相談支援機関の指導や助言をする機関になります。
まーライオン
まーライオン
ほうほう
マチパー
マチパー
委託相談支援は、市町村から委託を受けて、市町村のような窓口になり、例えば年金の作成や受診同行、就学や就職相談や家族の悩みなど聞き対応する役割の所です。
まーライオン
まーライオン
ふむふむ
マチパー
マチパー
特定相談支援や障害児相談支援は、障害福祉サービスを利用している人達が、適切にサービスを利用しているか確認したり、使うための利用計画を作成する役割の所です。
まーライオン
まーライオン
へー
マチパー
マチパー
最後に指定一般相談支援は、長期間入所施設や精神科病院に入所、入院していた人が地域に出て暮らす支援をする役割の所です。

働いている相談支援機関によってマウント合戦が!?

確かに基幹相談支援が、相談支援の重要なポジションにいるのは確実なのですが

時にはこんなビックリケースも。

ライオンちゃん
ライオンちゃん
働いている場所によってのマウントですか…
まーライオン
まーライオン
この発言をしたやつって、そんなに偉いのか?
マチパー
マチパー
さー?ただの雇われだったりしますけどね~

相談支援専門員は5年に1回「現任者研修」を受ける必要があります。

特に5年に一度の研修で、グループワークよりも盛り上がる話題だったりします。

チームから外された?自分のやり方のまずさ?もあるのに「チームアプローチは必要ない」と

チームアプローチの勉強で宣言した。

まーライオン
まーライオン
世も末な…

他にも「えっ!?」と思う相談員の話、対応がありましたが、

そういう話を聞くたびに自分は反面教師として、関わっていかないと…とつくづく

思った次第です。

幼少時から高齢になる一歩手前まで、相談支援専門員が関わる年齢層は幅広く

そして相談事も多岐に渡ります。

場合により人生のターニングポイントに関わる重要な役割を担う可能性もあるから

こそ、相談支援専門員の仕事に就いている人は、その重さと重要性を認識して欲しい…

マチパー
マチパー
切実にそう思います。
あわせて読みたい
障害福祉分野の「相談支援」とはまーライオンこと、マチパー(@11kagen_blog)です。 高齢福祉分野には、福祉サービスの調整や相談ができる「ケアマネジャー...

(お問い合わせフォーム)






    ABOUT ME
    マチパー
    マチパーです。相談支援専門員(社会福祉士/精神保健福祉士)をしながら、個人事業主で福祉系アドバイザーや後見人活動をしています。30代で公務員(保育士)を辞め、社会人大学、院に進学した変わり者。座右の銘は「いい、かげん」「みんなちがって、みんないい」